MINIMALISTICS

30代 愛知県在住サッカー好き社畜が精神的ミニマリストを目指すブログ。

【何にも縛られずに音を楽しむ】左右独立型ワイヤレスBluetoothイヤフォンはBeoplay(B&O) E8でOK

f:id:satorovski:20180616230448j:plain
こんにちは、Satorovskiです。

今日はBeoplayの左右独立型ワイヤレスBluetoothイヤフォン Beoplay(B&O) E8のご紹介。OKです。満足です。最高です。

左右独立型ワイヤレスイヤフォンは2~3年前から製品化の動きが進み、だいたい各社の第一世代が出揃った印象。その中で僕が購入したのがBeoplay E8。

Beoplayとはデンマークの老舗オーディオ製品メーカーBang&Olufsenのカジュアルライン。他社のワイヤレスイヤフォンより若干お高めですが、その分品質・デザインも良好。音マニアじゃないので音質のレビューなどはできませんが簡単に使い勝手などご紹介します。

まずもってワイヤレスイヤフォン、めっちゃ良いです。音楽プレイヤーとイヤフォンが物理的に離れていても良い。コードが体に当たってガサゴソ言うこともない。作業しながら、家事をしながら、ゴロゴロしながら音楽やPodcastを聞く機会が劇的に増えますよ。

以下、商品紹介。

こんな箱に入っています。

f:id:satorovski:20180616230425j:plain

充電用のクレイドル。革調の表面処理が良い感じ。うっすらとB&Oのマークも。

f:id:satorovski:20180616230431j:plain

こんな感じで差し込んで充電します。クレイドルへの充電はMicroUSB。

f:id:satorovski:20180616230436j:plain

出すとこんな感じ。B&Oのマークが主張しすぎない程度に入ってておしゃれ。

f:id:satorovski:20180616230443j:plain

デザインはクレイドルも含めてワイヤレスイヤフォンの中でも最高レベルと思う。B&Oのマークのところにタッチセンサーが入っていて、タップすることで曲送りをしたりできる(が私はiPhone本体の方で曲選びや音量調節をするのでどうでも良い)。

音に関しては他と比較もしていないし、音の知識もないので評価できないけど、素人的には不満なし。BeoplayのアプリをiPhoneにダウンロードすればアプリ上で音質の調整とかもできる(が面倒なので僕はやってない)。

ひとつ難点をあげるとすると、耳に入れたイヤフォンがちょっとずれたときに調節しようとしてイヤフォンをさわると、B&Oのマークのタッチセンサーのところに触れてしまい、曲が止まったりしてしまう。注意してれば避けられるが、たまにやってしまう。構造上しょうがないけど、次期モデルでは改善してほしいポイントではある。

 

左右独立型ワイヤレスイヤフォンの中では高額な部類に入るけど、デザインはクレイドルも含めてムダがなく、ミニマリズムに通ずるところがある。AppleのAirpodsは他の人と被りやすいし、耳に入れるとうどんみたいだし(カラバリ増やしてほしい)、クレイドルがちょっと安っぽい。(←その分値段も安いから一長一短だけどね)

 

Beoplay(B&O) E8、オススメです。コードから解き放たれ、自由に音を楽しみましょう。

終わり。